16年度秋葉三尺坊大祭と鳳仙寺秋まつり

お寺で尺八と琴のコンサート

ポスターを見る

尺八演奏家・作曲家 吉岡龍見 

琴・三弦演奏家 冨元清英

 

吉岡龍見氏 紹介

 人間国宝・芸術院会員)に師事。1973年NHK邦楽技能者育成会卒業後、東京芸術大学音楽邦楽科に入学。在学中に宮城コンクールに2回入賞している。1980年より夫・吉岡龍見と毎年演奏会を開催し現在24回を重ねるかたわら、日本の文化を考える会「季座」TOKIZA等の団体で邦楽の普及・啓蒙活動に務め、また、行進の指導、生涯学習としての琴曲の講座を開講し、高年齢層の指導にも力を注ぐ。

 

冨元清英氏 紹介

1972年に尺八演奏家・横山勝也師に入門し、1978年にNHK邦楽技能育成会の卒業を期に、琴古流尺八師範を許される。1980年より妻・富元清英と演奏会を毎年開催している。1992年以降世界各国で公演を開催し、高評をはくしている。2002年には、サッカー日韓ワールドカップ協賛公演として韓国の古楽器と伴にヨーロッパツアーを、また同年日韓ワールドカップ協賛放送として、韓国KBS放送に韓国古楽器との競演で出演。いずれも高評をえる。

 

 

とき  平成16年10月16日〈土〉
ところ 鳳仙寺本堂


午前11時-12時 三尺坊大祭


午後1時      開場
午後1時30分開演  尺八と琴・三弦のコンサート 
 
会費 1000円 

 

11時より秋葉三尺坊の大祭です。下記に説明がありますが、火伏せの大権現様です。


護摩ご祈祷、お札代 2000円 当日受付しています。

秋葉三尺坊大権現大祭

70名を超えるの観客は、本堂での荘厳な建物の中家元の演奏に聞き入りました。
秋のコンサートは、 すばらしいものでした。

 

当日10時より、鳳仙寺婦人部によるお茶のお手前が茶室「聴松庵」にて行われました。
100名以上の方が秋の茶会を楽しまれました。

 

whatsunewへ戻る 15年度秋祭りへ