地域の厄払い祈る 粕川月田地区で御日待講

地域の防災を願い祭事を行う粕川村月田の住民を願う祭事

平成16年11月29日 上毛新聞

地域の防災を願う祭事「御日待講」が二十八日、粕川村月田の月田公民館で開かれ、住民二十人が地域の厄払いに折りを込めた。
 この行事は火災などの災厄除けを願う「火防せ」の祭りとして、古くから同地区に伝わる。桐生市
の鳳仙寺から受けた護符が住民に配られ、防災のご利益があるといわれている。
祭りでは郷土史を研究している石橋晃作さん
(80)が「今年は浅間山の噴火、台風、地震と災害が続いた。例年以上に先人の防災の教えを守りたい」とあいさつし、参加した人たちが防災への意識を高めていた。

特筆すベきは「桐生山鳳仙寺秋葉講」 が健在である。
毎年10月16日ーこ厳修される 「鳳仙寺秋葉三尺坊大祭」には、 失火と延焼など一切の火難。 病苦と災難なと`ー切の苦難。 生業と生業と心願の一切の満足。 一ー 三大誓願の御威徳,懇願成就を願う善男善女が境内を埋めている。
多くの檀家交じって、 赤城南麓方面、 現代の上電沿線方面から来山される二名の代参者が何組も見られる。
講中には、鳳仙寺から授与される講中全貢の「護符」 ととに、地元で待ち受ける講員の直会用に撒下された清酒授与が伝統である。
高齢・核家族の現在にいおいてなお、鳳仙寺秋葉講の存在が際立っている。