法華経普門品(江戸時代)

 

享保十二年(一七二七)開基・成繁公六代の孫、横瀬貞顕公が、開基の百五十年遠忌を執り行い、五輪塔を修建し、先祖供養にと経文二巻を進納されました。

←御朱印状・ 絵図面へ
箱笈・駕篭→