明治仏教界の傑僧・穆山瑾英大和尚

 歴代住職の中には、『宗門の傑僧』とまで称えられた名僧がおります。第二十五世・穆山瑾英大和尚が、その傑僧です。ここに、その瑾英大和尚の略伝を記して、その英邁ぶりを偲んみることにします。

 鳳仙寺第二十五世となられた穆山瑾英和尚は、青森県八戸湊町の生まれで、俗姓は笹本氏でした。仏典に基づき西有家を創られました。文政四年(一八二一)十月二十三日の生まれです。 九歳で得度し、類家村の長竜寺で十九歳まで修行されてから、さらに仙台・松音寺で三カ年修行を重ねた後、二十一歳になられてから江戸に向かわれました。江戸では駒込・吉祥寺学寮に入られて不眠不休の勉学に努められました。

 天保十四年(一八四三)八月からは、浅草の本然寺泰禅の室で嗣法し、間もなくして牛込・鳳林寺の住持となられました。しかし、住すること二年、再び各地を遊歴して名僧・碩学を求め、参禅・求道に精進されるという向学ぶりを示しました。その遊学中、江戸・吉祥寺の愚禅師、相州(神奈川県)海蔵寺の月潭師等の会下で参究して、省悟するところが多くありました。また、道元禅師の六百回忌に永平寺に赴き、蛮堂師に会し、その会下に入って上野・竜海院で二夏を過ごすほどの求道ぶりでした。 その後、駿河(静岡県)、相模(神奈川県)、江戸の諸山にも住して四十二歳を超えました。この時に、明治維新に際会したのです。そして、いち早く廃仏棄釈の風潮の一世に蕩々たるを喝破して、「護法用心集」「山陰閑話」等を記しました。明治四年(一八七一)を迎えましたときに、桐生山鳳仙寺に入院されて住持となりました。しかし、鳳仙寺在住はわずかでした。在住一カ年後に総持寺・奕堂師の召しによって上京され、坦山、琢宗の二師とともに教部省の大講義を命じられたのです。続いては、総持寺東京出張所監院兼本山貫主代理をも命ぜられました。明治六年(一八七三)一月には、大教院議員に選ばれました。その大教院の議題の中には、僧侶の「法服廃止、俗衣着用」の論議があり、議員たちの大変な動きに遭遇されました。しかし、このことにに対しての新議員・穆山師の考えは「絶対反対」でしたので、それを強く唱え続けました。俗衣着用論が強くあった大教院の流れでしたが、穆山師の考えに臨済宗の天竜寺・滴水、相国寺・独園の二師が和してくれたことから、その流れを止めて、ついに院議を翻すことを得たという記録が残されています。穆山師の論証の見事さを伝える事例といえましょう。

 その後、穆山師は、引き続いて宗門の要職、教界の第一線で活躍をし、『宗門に穆山あり』との名声が、全国宗門に喧伝されるようになりました。

 明治二十九年(一八九六)に、穆山師は、「正法眼蔵私記」「正法眼蔵講義」を公刊され、名声いよいよ高くなった同三十四年(一九〇一)春、総持寺独住三世の席を董し、六月十九日には、直心浄国禅師の徽号を朝廷より拝受されました。そして翌三十五年、ついに曹洞宗管長に任命され、明治三十六年に満期退任されるまで、見事な手腕を存分に発揮されて、宗門の興隆のために尽くされました。しかし、退任された後も、穆山師の人望や手腕を惜しむ声が宗門内に多くあつて、翌三十七年には再び管長に任命されました。

 管長に再任された明治三十七年(一九〇四)六月には、大日本宗教家大会があり、選ばれて、その大会の座長も務められましたが、それを契機にして、その年の十二月、管長を辞したうえ、翌年二月には総持寺も退院して西有寺に移られました。そして悠々自適の佳境に入られた後、明治四十三年十二月四日に天寿を全うされて遷化されました。寿正九十歳でした。

    遺喝に曰く、

    『老僧九十 言端語端 無末期句 月冷風寒』

    著書もまた多く、穆山瑾英和尚は、まさに宗門の「一代の傑僧」でした。

 この傑僧・穆山瑾英大和尚を含む歴代住職(開山〜第三四世)の墓所は、本堂裏手の台地にあります。開基・由良成繁公墓所の西側にあたる位置で、開山・仏広常照禅師の墓を中央にして安置されています。


《穆山瑾英大和尚と鳳仙寺秋葉三尺坊大祭》
 今年、12月4日は鳳仙寺二十四代目の住職を務められた穆山瑾英大和尚(ぼくざんきんえいだいおしょう:本名 西有瑾英)の百回忌です。
 穆山瑾英大和尚は、文政4年(1821)、青森県三戸郡湊村(現八戸市湊町)に誕生しました。長流寺(八戸市)の金龍和尚に弟子入りし、法光寺(名川町)をはじめ、仙台、江戸に出て修行を重ね、23歳にして鳳林寺(新宿区)の住職となりました。
 その後、宗参寺(新宿区)、明治4年に鳳仙寺(桐生市)、中央寺(札幌市)、可睡斎(静岡県袋井市)の住職を歴住。明治33年、横浜市中区に西有寺を建立しました。翌34年には大本山總持寺の独住第3世となり、明治天皇から「直心浄國禅師」の称号を賜りました。また、明治35年には曹洞宗第7代管長となり、明治43年、西有寺において90歳で遷化されるまで、仏法の擁護を訴え、仏道の復興に尽力しました。鳳仙寺の秋葉三尺坊大権現のご祈祷は、穆山瑾英大和尚が静岡県袋井市の秋葉総本殿可睡斎の住職をお勤めになった時に総本殿から鳳仙寺へ奉安されたものです。